2012.06.26 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.15 Thursday

曇りのち晴れ、朝霧ジャム

  朝霧高原でつくられたイチゴジャムとかじゃないです。
年に1度、夏も終わり、秋の入口のこの季節、富士宮は朝霧高原で開催されるキャンプINの野外音楽イベント「朝霧JAM’09」に行ってまいりました。

 今回も「VIBE」、「つぼみ」合同で、のはずでしたがVIBEのまっつん欠席で「つぼみ」の二人とキャンプIN。



富士宮の連中(出店組)のテントも立てて計5張り。

10日土曜日の7時頃に会場の朝霧ジャンボリーに着いた時には小雨もぱらつく微妙な天気。
続きを読む >>
2009.09.16 Wednesday

眠れぬ夜に

 このサイト

http://iclips.net/content.php?content_id=21741
http://iclips.net/content.php?content_id=23822

スケーリック発見。
PCからどうぞ。

のめり込んでしまいます。
2009.09.12 Saturday

げげげの

  9.11という意味深な日にちににアメリカ西海岸ストリートカルチャーの大物、”トミー・ゲレロ”が来静。
 金曜日でしたがせっかくなので行っちゃいました。



 
続きを読む >>
2009.09.02 Wednesday

20本の指。

 チック・コリア&上原ひろみ

 東京ジャズでも共演してたこの二人のジャズピアニスト。
グランドピアノを向かい合わせて、2人の10本の指から紡ぎだされる音が溶けあってドラマしてます。

 最少単位の編成が2人の才能を際立たせてるライブ。

圧巻の演奏でした。
生で観たい。。

2009.08.22 Saturday

日曜の夜、ライブ。

  今年の夏は腰の重い梅雨前線のおかげで短く感じます、もう、そよぐ風にはまだ遠くにある秋の、けれど確実にそこにある気配をはこんでいます。
 VIBEのアルバイトの女の子は北海道出身。今、帰省しているんですが北海道はもう秋なんだそうです。
そこにある秋。

 しかし、まだ静岡はムシムシ暑く、陽の下のビールは格別です。

 明日23日もきっと、残りあとわずかの夏日になりそうです、昼からビール。そして夜はライブ。

明日はブルーノート1988さんでKyecoとAfnicaという2組のライブがあるそうです。



詳細は
http://www.boomboombash.com/news/one2009_7-10

なんか面白そうです。

明日は

昼はビール、夜はライブで。
2009.07.05 Sunday

THE SUNPAULO

  本日、SUNPAULOが「THE SUNPAULO "ONE PEOPLE" Release Tour」で静岡に来静。
静岡BLUE NOTE 1988(東京や大阪、アメリカのとは関係おまへん)でパフォーマンス。

 そんなに大きくはないハコなので近い距離で観れるのは小バコのいいとこ。
今日は他にもpoodlesとa-fanksyndicateの2バンドも出演だそうですよ。

 時間のある方はご一緒にライブ観ながら飲みませう。



一応、以下詳細

LIVE: THE SUNPAULO / poodles / a-fanksyndicate
DJ: Dj Carney
OPEN: 19:00
START: 20:00
ADV: 3000(D別)
DOOR: 3500(D別)
TICKET INFO: BLUE NOTE1988 (054-253-6555)
     チケットうちにもありますが、今日はお休みなのでこちら、または僕の携帯までお問い合わせください。

*SUNPAULO*

ロックスター佐藤タイジと天才プロデューサー森俊之による謎のエレクトロユニット。 結成はおよそ2000年。
‘03 1st アルバム After the Eclipseをリリース
‘05 自ら主宰するパーティー "WISDOM" をスタート
‘06 LIVE アルバム "Live WISDOM" をリリース
‘07 2nd アルバム "Electric Wisdom Sound System" をリリース
‘08 Malicious Damage (UK) とライセンス契約
クラブ系のパーティーはもちろんのこと、フジロック、ライジングサン、サンセット等、国内の野外フェスでは、ハイクオリティな演奏とハイテンションなパフォーマンスがハイエンドな衣装と相まったステージで、フェスのハイライトを演出し続けている。
ドラマーの沼澤尚脱退後、よりエレクトロ度、ダンス度を増した新生The SunPaulo。
4月、6月と立て続けにリリースされるフロアライクな2枚のアルバムは、間違いなく今年度のマスターピースとなるだろう。
website: http://www.sunpaulo.com/



*poodles*

アーシーなリズムにサイケデリック・ギターが絡み合う、オーガニックなサウンドが持ち味のインストゥルメンタル・バンド。スピリチュアルで綿密なアンサンブルは、人間の持つ複雑に入り組む繊細な精神世界が思い起こされる。土壌的かつプリミティブなグルーヴは、躍動感を煽り生命力に訴え続ける。
2003年にファーストアルバム「poodles: 空感」、2006年5月にはセカンドアルバム「STREAMIN’ BLUE」をリリース。渚Music Festivalなど野外イベントやライブに出演する。
website: http://www.poodles.jp/



*a-fanksyndicate*

愛知県をベースとして、世界に目を向け活動を続けるa-fank syndicate。
結成当初はオルガンファンクトリオとして活動を始めたが、数々のメンバーチェンジを経て、現在のツインギター、ベース、ドラム、ジャンベ、S.E.となる。
メンバーそれぞれが影響を受けた多種多様な音楽性が完璧に混ざり合い、ライブはほぼジャムによって構築されていく。
 オーガニックかつスペーシー、未来的かつ叙情的、ロック、ジャズ、ファンク、レゲエなど様々なルーツミュージックの要素を含めたその音は時間の感覚を超越し永遠へと広がり続け、その独特なサイケデリックな世界へと誘う。
 自然体だからこそ出る音のスペースに体をゆだねた時、どこか懐かしい、日本的な精神性に包まれたような感覚もまたa-fank syndicateの持つ一つの独自性であろうか。
 全くジャンルや枠にとらわれないという思想のもとで生まれたa-fanksyndicateの音はやはり、日本人というルーツを持って国境を越える。
 レスポールとストラトという言うなればその特徴は対極にあるといっていいツインギターの化学反応によって起こる奇跡は間違いなく現代におるサイケデリックロックの新境地といっていいだろう。
website: http://afank.nobody.jp/


2009.06.26 Friday

rock with you

  日本の閣僚も哀悼の意を表したKing of Pop, Michael Jacksonの死去、50歳と言う若さですからね残念です。
ホントにスキャンダルと長年にわたる人気ッぷりは超人的でしたがあっけないくらい唐突に逝ってしまいました。

 なんだかんだ言っても彼は天才。
7歳からジャクソン5で活躍して、80年代はひとつの時代を築き上げたといっても過言ではないですよね。

 そういえば、ロンドンでの復活ツアーも話題に上ったばかり。法外な契約金+暴力的なスケジュール(50公演するつもりだったんでしょ?)に不動のKINGな印象と真摯に借金の返済に向き合ってるんだな〜なんてこと思ったばかりだったのに。。

 ご冥福をお祈りします。
 
2009.06.19 Friday

JIM見聞録

 昨日は枇杷に遊びにきたすべての人にお疲れさま。
予想以上に素晴らしいパフォーマンスをみせてくれたJim Biancoとサポートメンバーのブラッド&ジェイソンにお疲れさま。

 昨日は話の流れで何となく引き受けたPAの仕事が、流れで何となく大がかりに、、、。

ま、おおがかりと言ってもそこまで大がかりでもないんですけど、当初は音が出てればOKな感じだったんで、巻き込んでしまったnomadには感謝。

 久しぶりすぎて最初のうちぶっちゃけ音わかりませんでした、、それでもリハが進んでいくうちに年に1,2回しか行かないスノーボードのように徐々に要領を取り戻して(しょせん年に1,2回ですが…)少しはましになりましたが、リハではいろいろjimサイドから要望をもらってやっと形になった感じでした。

 しかし、この色男リハから和やかな雰囲気を醸し出して金沢からのロングドライブの疲れも見せず、チャッチャとリハってました。
最初に書いたとおり、はじめのうちは要領を得ないピントがずれた音場を作っていたにもかかわらずです。
ライブ本番は

 
 楽しんでやってくれたようで、というより本番モードになったjimはどんな環境でもいいパフォーマンスを見せてくれるんでしょうけどね。

静岡でjim biancoが観れるなんてみんな幸せ者!!
VIBEでの一部の関係者でやった打ち上げもそこそこに盛り上がり、jimのホテルがワシントンじゃなかったんで、本人は不在でしたがね。。

マツタリ打ち上げ

おつかれ。

2009.06.17 Wednesday

JIM BIANCO AT BIWA

  もう明日にせまりました、Jim Bianco。
 6日からツアーは始まっているんで日本の気まぐれな梅雨空にも慣れたころじゃないでしょうか。

静岡の前には16日の金沢、中1日で静岡。
 OFFを挟んでの静岡。テンションもきっとあげてきてくれるでしょう!!


この色男の歌声は聴き逃すには素晴らしすぎる!!

JIM BIANCO
---Goatee Presents  Japan Tour 2009 in SHIZUOKA---

2009/06/18(thu)
AT 枇杷
adv:3500yen/door:4000[1drink]

open1900/start2000

問合せ:permanent 054.253.6331
           nouvelle VIBE 054.254.5969
         
当日はちょっとしたFoodの販売もあります。
仕事帰りに現実から解放されて楽しみましょう!!

くどいようですが、あす18日は「VIBE」、「つぼみ」ともに研修のためお休みさせていただきます。

2009.06.03 Wednesday

・・・まで2週間

  最近、知り合いから大量にCDをいただきまして店のBGMは必然的にいただいたジャズやエレクトロ、な感じでおされです。

 おされと言えば、先日のレイ・バービー。
キメのとこでとちったりしてましたが、マットソンの片割れドラマーよかったですね。
レイ・バービーもニッコニコでギター弾いてたのが印象的でしたね。

 白のセットアップのあの人も遅れての登場ながら、きっちり出来上がったようでした。



ね、帰りの電車。
ユラユラ〜

 で、もう2週間後に迫ったのが「Jim Bianco」。
音響関係まったく準備してませんが、バンド編成はFAXいただきました。
どうやらベースレスみたいですね。
ドラマーが1人、アコーディオンやトランペット、キーボードの奏者1人、jim biancoがギター・ヴォーカル。
 早いとこ機材リスト作らねばですね。
もう2週間ですから。

おさらいまでにもうワンチューブ。

 18日もちょうどこんな感じでしょうね。
バンドのアコーディオンやフリューゲルホンやエレピ弾いてるハットにグラサンが怪しいマルチプレーヤーもおそらく来日メンバーじゃないかな。
楽しみだ。

ノマくん参考にしましょう。

 



 いただいたCDに入っていた7月に横浜にやってくるBaker BrothersのYouTubeで見つけたライブ映像。


ファンキーっすね。

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Bird
Bird (JUGEMレビュー »)
Gary Jules & the Group Rules
7曲目Been a Long Timeでjim biancoと共演。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

phish絶頂!!
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM