<< 迷うワイン | main | Tom Freund @nouvelleVIBE >>
2012.06.26 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.30 Monday

Gary Jules & Jim Bianco

またあの男がやってきます!

 

 今度は盟友でライバル?のGary Julesと2人での来静!
個人的に楽しみにしていたGray Julesの来日がJimとのツアーになるとは楽しみ倍増。

 静岡は当店nouvelleVIBEに
 3月27日(火)に決定しました!!

 Jim Bianco(ジム・ビアンコ)はヴァイブでも演奏していますがその圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで当時見に来てくれた皆を魅了していました。
憶えている人も多いはず!!

Jim Bianco | ジム・ビアンコ  
2002年のデビューから最新作『Loudmouth』まで
計4作を発表。
2000年代初頭にはゲイリーと共に
現在では全米で有名になった
LAライヴハウス
"The Hotel Cafe"
の黎明期を支えた。
バークリー音楽院仕込みの音楽的素養、

天性のごった煮感覚、ユーモア、

そして生粋のエンターテイナー気質とで

観客を虜にするライヴ・パフォーマンスは圧巻の一言。

こちらは見た目通りの太くしゃがれたダミ声で、

あのエルビス・コステロも賛辞を送る

バラエティに富んだ楽曲達を歌い上げる。

いつのまにやら
5度目の来日。

Gary Jules(ゲイリー・ジュールズ)は今回初来日、ジムとはタイプがずいぶん違いそうですがどんな絡みを見せてくれるか楽しみ。



Gary Jules | ゲイリー・ジュールズ
98年の『Greeting from The Side』(A&M)以来、
これまでに計
4枚のアルバムを発表。
映画『ドニー・ダーコ』(
2001年)で使用された
ティアーズ・フォー・フィアーズのカヴァー「
Mad World」が
全英チャート
No.1を獲得し一気に知名度アップ。
美しく流れるような楽曲とポール・サイモンやニック・ドレイクなどの

フォーキーな
SSWを思わせるその音楽は“取り憑くように美しく、
陰鬱だが刺激に満ち、孤独だけれども寛容”と評され

その外見に似つかわしくない繊細な歌声は

「ゴールデン・ヴォイス」と称される。

今回が待望の初来日。


こんな2人がヴァイブで競演、期待しましょう!!

詳細

3月27日(火) 静岡 Nouvelle Vibe
静岡市葵区七間町10-7 Kビル3-A

open 19:30 / start 20:00
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 (+要ドリンクオーダー)

予約&問合せ:

co-zie@nifty.com 、054-254-5969

ご予約はお早めに!

2012.06.26 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Bird
Bird (JUGEMレビュー »)
Gary Jules & the Group Rules
7曲目Been a Long Timeでjim biancoと共演。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

phish絶頂!!
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM